ギャンブルをテーマにした見逃せない邦画5選

  • 『乾いた花』

ギャンブルをテーマにした最高の日本映画といえば、おそらく1964年に制作された『乾いた花』でしょう。篠田正浩監督による日本版フィルム・ノワールとも言える作品で、刑務所から出所したばかりの村木というヤクザのヒットマンが描かれています。村木は違法カジノで出会った冴子という女に、もっと多くの賭け金を積むように唆されます。二人は日本の裏社会を共に渡り歩きながら、破滅的な関係に陥るのでした…。

  • 『カイジ2〜人生奪還ゲーム〜』

本作は『カイジ 人生逆転ゲーム』の続編で、前作よりも面白いという人も多くいます。『カイジ2~人生奪回ゲーム~』は前作の一年後を舞台としており、カイジは、またまた借金を背負うことになります。日本で人気の”沼”と呼ばれるパチンコに挑み、2億円の借金を返済しようと試み、最高額の賞金を狙いますが、実は”沼”は遠隔コントロールされており、最高額の10億は決して出ないようになっていることを知らないのでした…。

  • 『カイジ 人生逆転ゲーム』

2009年に公開されたシリーズ第1作目の映画で、定職につかないフリーターのカイジが描かれています。仕事が見つからずに苛立つカイジは、破壊行為に走り、車を壊したり、ギャンブルをしたり、酒浸りになったりしてしまいます。ある日、カイジは借金取りから2つの選択を迫られます。10年かけて借金を返済するか、一晩だけギャンブル船に乗って借金以上のお金を稼ぎ返済するかという選択です。がしかし、カイジはまだこの時、自らが陥っている状況に気がついていないのでした…。

  • 『カイジ ファイナルゲーム』

2020年公開の『カイジ ファイナルゲーム』は、カイジシリーズの最終作です。映画キラーとも呼べる作品で、全国の映画館で公開された際には、大きな人気を博しました。カイジシリーズはどれも名作なので、このリストでは3作ともご紹介することにしました。『カイジ ファイナルゲーム』は前2作とは異なり、原作漫画のストーリーラインには基づいていません。そのせいで、前2作には及ばないかもしれませんが、それでもなお、ギャンブルをテーマとした最高の日本映画のひとつと断言していいでしょう。本作は、ギャンブル狂の主人公・カイジが、クリアするべき4つの課題を与えられ、人生が逆転していくという物語となっています。

  • 『映画 賭ケグルイ』

英勉監督が2019年に撮影した『映画 賭ケグルイ』は、同名の漫画を原作とした実写映画で、創立122年を迎える私立百花王学園を舞台としています。

まとめ

以上の通り、日本だけでなく世界には、ギャンブルをテーマにした多くの映画があります。映画プロデューサーや映画監督にとって、ギャンブル業界は常に関心の対象となっており、数多くの作品が豪華な高級カジノで撮影されています。ギャンブルが映画に登場するようになって以来、映画もギャンブルもどんどんポピュラーになり、相乗効果が起きているのです。